展示会「SEMICON Japan2017(セミコン・ジャパン)」の販促品・ノベルティをご紹介 | 表紙をお客様のデザイ・・・

まねきノート 販促ブログ

展示会「SEMICON Japan2017(セミコン・ジャパン)」の販促品・ノベルティをご紹介

SEMICON Japan2017(セミコン・ジャパン)

短期間で多くの見込み客を得られる展示会マーケティング。このブログでは、実際の展示会で配られていたノベルティを紹介し、その販促効果について解説します。

 

SEMICON Japan2017で配られた販促品を紹介

今回、訪れたイベントは、2017年12月13日(水)~15日(金)にかけて、東京ビッグサイトで行われた「SEMICON Japan2017(セミコン・ジャパン)」。半導体製造装置・材料の国際展示会で、毎年12月に東京ビッグサイトで開催されており、今年で40周年を迎えました。

それでは、このイベントで配布されていた販促品を紹介しましょう。

 

クイズ式のセミナーと販促品で、自社製品の特長をアピール

【訪問ブース(1):A株式会社】
企業・団体概要: 半導体関連装置などの開発・製造

こちらのブースでは、「クイズ」と称したイベントが実施されていました。概要は次のとおり。女性がA社に関する短いプレゼンテーションを行い、その直後にプレゼンの内容から、簡単な3択クイズを行います。

ギャラリーはクイズに対して挙手で答え、当たった人には正解札が渡されます。3問ほど出題された後、クイズは終了しました。遊び心のあるイベントに、思わずお客様も笑顔。参加者には、販促品が配布されました。

展示会は、その分野に興味を持っている、潜在的なニーズを持った顧客が集まるので、セミナーを開くことは非常に有効です。A社のようなクイズ形式のセミナーにすれば、お客様に自社の製品の特長を強く認識していただくことにもつながるでしょう。また、人目を引くイベントである分、「何だろう?」と足を止めるお客様の姿が目立ちました。

ちなみにクイズの参加賞として渡された「ふせん」には、A社の名前だけでなく、一押しの製品名と写真、アピールポイントまで盛り込まれています。

みなさんも、展示会で企業のネーム入りの文具をもらった経験があるのではないでしょうか。しかしその後、文具を使っていたとしても、その会社がどんな会社か思い出せるかというと、必ずしもそうではないと思います。A社のように、販促品に製品の特長も印刷すれば、お客様への訴求力がアップすることはうけあいです。

 

会場でも目立っていた、販促品の「フリースブランケット」

【訪問ブース(2):B株式会社】
企業・団体概要:電気工事、情報通信工事などの総合設備企業

総合設備企業であるB社ですが、今回のイベントでは、ある工業用製品一点に絞って展示を実施。資料をいただくためにブースを訪問すると、社員の男性が「必ずご説明をすることになっておりまして……」と言って製品の説明をしてくださいました。

また最後には、アンケートの記入と名刺交換を求められました。先述したような「潜在的なニーズ」を持った顧客にアプローチするのに、有効な手段だと感じます。

こちらでは、販促品として会社のネーム入りの「フリースブランケット」が配られていました。今回のイベントは、東京ビッグサイトのホールを5つ使う大規模イベントでしたが、他にこのような販促品を配布している企業はなかったので、非常に目を引きました。ブランケットは、文具のような消耗品ではなく、寒い時期には長く使い続けるものですので、宣伝効果の持続も期待できそうです。

 

長く使っていただける、デザイン性に優れた販促品

【訪問ブース(3):C国パビリオン】
企業・団体概要: C国の半導体・材料関連企業の集まり

【訪問ブース(4):D株式会社】
企業・団体概要: 電子デバイスシステムの開発・製造

展示会において、お客様に受け取ってもらいやすい販促品の代表例が「バッグ(袋)」です。素材やデザインを工夫すれば、時期を問わず、長く使い続けてもらうことも可能になります。

例えば、紙袋や不織布のバッグは、作る立場で考えると、コストがかからず安上がりというメリットがありますが、破損しやすく、イベントが終了したら、処分されてしまいがちです。

また、よくある企業ロゴを大きく印刷したバッグは、お客様に持ち歩いてもらうだけで、広告効果が期待できます。しかし、デザイン的に普段使いをするのは難しいがゆえに、結局は処分されてしまうことも。

今回のイベントにおいて、C国パビリオンで配られていたトートバッグは、生成りの布地に、デザインフォントをあしらったヨーロッパ風のおしゃれなもの。また、D社は、アウトドアブランドによくあるツートンカラーのキャンバス地トートバッグを配布していました。

これらであれば、プライベートや仕事で使ってもらえるので、広告効果の存続も期待できそうです。どちらもアパレルで売られていても遜色がないようなデザインですので、販促品ほしさにブースに立ち寄っているであろう方が散見されました。

 

展示会の販促品アイディアのまとめ

A社のセミナー・販促品には、自社の製品の認知度を高めるためのヒント、B社の顧客対応・販促品には、潜在的な顧客にアプローチするためのヒント、C国パビリオンとD社の販促品には、長く使い続けてもらう工夫がそれぞれ見られました。

みなさんもこの記事を参考に、展示会での販促活動を実施してみてはいかがでしょうか?

 


オリジナルノートなら「まねきノート」
「まねきノート」は、表紙をお客様のオリジナルデザインで作っていただける、ノートの製作サービスです。
オリジナルノートは、様々なテーマやターゲットに柔軟に合わせることができる、実用性の高い販促品です。
仕様を限定したネット通販だから、お求めやすい価格でお手軽にオリジナルノートをご注文いただけます。


LINEで送る
Pocket

アーカイブ

pagetop