Photoshopのデータ作成から入稿まで | オリジナルノートを10冊から|記念品や参加賞に|印刷マルシェ

Photoshopのデータ作成から入稿まで

Photoshopのマーク

このページでは、「Photoshop」のソフトでデータを作成される際の注意点、テンプレートの利用方法、PDF形式への保存方法と確認方法をご確認頂けます。

<バージョンについて>
Photoshop CS6以前のバージョンについては、サポート対象外となっております。
保存方法やエラーについて、弊社ではお答えしかねますのでご容赦くださいませ。
また、Photoshop CS6以前のバージョンについては、動作の確認ができておりませんので、ご利用頂く場合は、予期せぬエラーやトラブルについてご了承頂いているものとして対応させて頂きます。
完成イメージのPDFをお送りいたしますので、お客様にて体裁のズレやフォントの変換等をご確認下さいますようお願い申し上げます。

※入稿前にPDFに書き出したデータや、ご入稿頂いた後に弊社が送付する完成イメージのPDFは、 必ずPDF変換前のデータと比較して精査・確認校正をお願いします。







データ作成の注意点


色について

画面上で表示されるフルカラーの設定には、光の三原色であるRGBカラーと、色料の三原色であるCMYにKを足したCMYKカラーの2種類があります。
RGB カラーは、R(レッド)G(グリーン)B(ブルー)の三色の光の割合で色が表現され、画面上での表示やデジカメでの記録に使用されます。
CMYK カラーは、フルカラー印刷機に使用されるC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)の4色のインクで表現される色をシミュレーションしたものです。

色の仕組み

RGBカラー(光の色)は、CMYK(インクの色)よりも広い色域を表現できるため、RGB カラーで作成したデータを印刷すると、色味が変化してしまう場合があります。
その為、カラーモードは必ずCMYKカラーで作成してください。
RGBカラーモードで入稿された場合、弊社にてCMYKカラーに自動的に変換いたします。
その場合は色味の違いがあることを了承頂いているものとして印刷に進めさせて頂きます。


CMYKとRGBの色比較
<カラーモードの変更方法-Windowsの画面>
「イメージ」→「モード」→「CMYKカラー」を選択する。
photoshop_win_colormode
<カラーモードの変更方法-Macの画面>
「イメージ」→「モード」→「CMYKカラー」を選択する。
photoshop_mac_colormode


画質についての注意点

使用する画像の解像度は原寸サイズで350ppi(dpi)を推奨いたします。
解像度がわからない場合は、原寸データサイズ2~3MB程度あれば印刷に適していると思われます。
解像度が低いと、画質が粗くなる場合がございますのでご了承ください。

最適サイズの写真イメージ 小さいサイズの写真イメージ


フォントサイズ・線の太さについて


フォントサイズは6ポイント以上、線の太さは0.2ポイント以上での作成を推奨しています。
それより小さいサイズを使用した場合に、文字がかすれたりつぶれる可能性がございます。




レイヤーについて


「お客様作成用」レイヤーにデザインをしてください。
「template」レイヤーは、注意事項やガイド線のレイヤーとなりますので、動かさないようお気をつけください。 文字テキストレイヤーや非表示のレイヤーなどが残っていると、予期せぬトラブルの原因となることがあります。

<非表示設定とは?>
Photoshop非表示の画面


保存する際は、「template」レイヤーを削除後、すべてのレイヤーを統合し、1枚のレイヤーにしてからPDFへ保存してください。
レイヤーを統合すると非表示レイヤーは破棄されます。印刷したいレイヤーは必ず、表示状態にして操作をしてください。
また、レイヤーの統合後は、テキストの編集やレイヤー毎の編集が出来なくなります。
レイヤーの結合後は別名保存をし、結合前と結合後のデータを分けることを推奨いたします。



<photoshop形式で入稿される場合の注意点>
不要なレイヤーや非表示設定にしたままのレイヤーがないかを確認してからご入稿ください。(「template」レイヤーは残しておいてください。)
※不要なレイヤーや非表示設定にしたままのデータをご入稿頂いた場合は、入稿された状態のまま印刷用データを作成致しますのでご了承ください。





本文オリジナル印刷について


本文はスミ1色印刷のみ対応しておりますので、CMYKの「K」のみ、またはカラーモードを「グレースケール」にして作成してください。
罫線や方眼は黒が濃いと書きづらくなりますのでご注意ください。(K30%前後がおすすめです。)
線の太さは0.2ポイント以上での作成を推奨しています。
それより小さいサイズを使用した場合に、かすれたり綺麗に印刷されない可能性がございます。



<カラーモードをグレースケールにする方法-Windowsの画面>
「イメージ」→「モード」→「グレースケール」を選択する。
Windowsでグレースケールへ変更する方法
<カラーモードをグレースケールにする方法-Macの画面>
「イメージ」→「モード」→「グレースケール」を選択する。
Macでグレースケールへ変更する方法








テンプレートの説明


<中綴じ製本のテンプレート>

ガイド線を参考にしてデザイン作成をしてください。

中綴じノートのテンプレート

「template」レイヤーには、上記の通りガイド線が入っています。ガイド線を参考にしてデザインしてください。
トンボは、断裁の時の目印となりますが、一度に何枚も重ねて断裁をするため、どうしても微妙なズレが生じてしまいます。
その為、以下の点に注意してデータを作成してください。

①端まで色や写真が入るときは、必ず塗り足し位置までデータ作ってください。

②切れると困る文字や図柄は、文字切れしない安全な位置を参考にして配置してください。
(本文用テンプレートは、端まで線を挿入することがある為文字切れしない安全な位置を表示しておりません。)

③データ作成完了後、不要なレイヤーや非表示のレイヤーは削除してください。


「template」レイヤーを削除後、すべてのレイヤーを統合し、1枚のレイヤーにしてからPDFへ保存してください。
ガイド線が残っている場合、その線も印刷されてしまうためご注意ください。

(※Photoshop形式で入稿される場合は、「template」レイヤーは残しておいてください。)




ご希望の綴じ向きに合わせて作成してください。

中綴じ製本のテンプレートは、見開きの状態になっております。
綴じ部分のガイド線がありますので、綴じ向きに注意してデザインをしてください。

中綴じノートのテンプレート左 中綴じノートのテンプレート左
nakatoji_template_migi nakatoji_template_migi









<リング製本のテンプレート>

ガイド線を参考にしてデザイン作成をしてください。

リング製本ノートのテンプレートについて

「template」レイヤーには、上記の通りガイド線が入っています。ガイド線を参考にしてデザインしてください。
トンボは、断裁の時の目印となりますが、一度に何枚も重ねて断裁をするため、どうしても微妙なズレが生じてしまいます。
その為、以下の点に注意してデータを作成してください。

①端まで色や写真が入るときは、必ず塗り足し位置までデータ作ってください。

②切れると困る文字や図柄は、文字切れしない安全な位置を参考にして配置してください。
(本文用テンプレートは、端まで線を挿入することがある為文字切れしない安全な位置を表示しておりません。)

③リング穴位置には被ると困る文字や図柄を配置しないでください。

③データ作成完了後、不要なレイヤーや非表示のレイヤーは削除してください。


「template」レイヤーを削除後、すべてのレイヤーを統合し、1枚のレイヤーにしてからPDFへ保存してください。
ガイド線が残っている場合、その線も印刷されてしまうためご注意ください。

(※Photoshop形式で入稿される場合は、レイヤー名「template」は残しておいてください。)




テンプレートの種類を確認してから作成してください。

リング製本のテンプレートは、各ページごとのテンプレートになっております。
本文印刷をされる場合は、本文の右ページと左ページでテンプレートが分かれておりますので、それぞれにデータを作成してください。
表紙または本文右ページ用のテンプレートは、リング穴が左側にあり、裏表紙または本文左ページ用のテンプレートは、リング穴が右側にあります。

リング製本ノートの右 リング製本ノートの右
リング製本ノートの左 リング製本ノートの左
advice
リング製本ノートのテンプレートを使ってデザインを作成される際に、どこを中央にしたら良いかが分かりにくいというお客様へ、制作時のポイントをご説明させて頂きます。
リング製本ノートは、リング綴じの穴がある為、水平方向中央へ配置するときは「文字切れしない安全な位置」の緑色ガイド線を基準にして頂ければ分かりやすいです。
「仕上がり位置」のピンク色ガイド線を基準にしてしまうと、リング穴部分も含めた中央に配置することになるので、出来上がった時に少し左寄りに見えてしまいます。
point_center_ring
point_center_ring2
※デザインの形や色などにより、見え方が多少異なりますので、入稿前にしっかり位置を調整・確認して頂くことをお勧めいたします。








入稿用PDFの保存方法


Windowsの場合

1.「名前を付けて保存」→ファイルの種類は「PhotoshopPDF」を選択する。

photoshopのPDF保存方法1-windows

2.「一般」→AdobePDFプリセット「PDF/X-4:2008」を選択して保存。

photoshopのPDF保存方法2-windows





Macの場合

1.「別名で保存」→ファイルの種類は「PhotoshopPDF」を選択する。

photoshop_mac_hozon1

2.「一般」→AdobePDFプリセット「PDF/X-4:2008」を選択して保存。

photoshop_mac_hozon2






PDFを確認する方法


PDFの確認には以下のソフトウェアが使用できます。


<Adobe Acrobat Reader>
adobereader_logo PDFファイルの閲覧用ソフトウェア。Adobe社のサイトより無料でダウンロードすることができます。
https://get.adobe.com/jp/reader/


1.入稿するPDFデータをAdobe Acrobat Readerで開いたら、「ファイル」→「プロパティ」を開く。

PDFデータの確認方法1

2.「セキュリティ」のタブを開き表示を確認する。

セキュリティを設定していた場合は、お客様側で解除してからご入稿ください。
セキュリティ設定されたPDFは入稿いただいても、弊社では印刷用の処理が行なえません。



PDFデータの確認方法2

3.「フォント」タブを開き、埋め込み表示を確認する。

「埋め込みサブセット」の表示があれば、埋め込みが出来ています。
また、フォント名の表示自体ない場合も埋め込まれているので問題はありません。
ただし、フォント名の後ろに「埋め込みサブセット」が表示されていない場合は、フォントの埋め込みが出来ていません。
PDF保存方法・設定に誤りがある可能性がございますので、再度保存からお試しください。



PDFデータの確認方法3







テンプレートダウンロード


表紙・裏表紙作成用テンプレートのダウンロード

下記表の「テンプレート」から、ご希望サイズ・製本方式のテンプレートをクリックしてダウンロードしてください。
ファイル内のWord・PowerPoint・Illustrator・Photoshopそれぞれの形式のテンプレートから必要なソフトのテンプレートをご利用ください。
ファイル内にも、注意事項や保存方法を説明したPDFデータがありますので、作成時の確認用としてご利用くださいませ。


商品名 サイズ テンプレート
お客様デザインノート A4サイズ(中綴じ製本)_表紙・裏表紙作成用 297mm × 210mm
見開き 297mm × 420mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B5サイズ(中綴じ製本)_表紙・裏表紙作成用 257mm × 182mm
見開き 257mm × 364mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート A5サイズ(中綴じ製本)_表紙・裏表紙作成用 210mm × 148mm
見開き 210mm × 296mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B6サイズ(中綴じ製本)_表紙・裏表紙作成用 182mm × 128mm
見開き 182mm × 256mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート A4サイズ(リング製本)_表紙作成用 297mm × 210mm
見開き 297mm × 420mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート A4サイズ(リング製本)_裏表紙作成用 297mm × 210mm
見開き 297mm × 420mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B5サイズ(リング製本)_表紙作成用 257mm × 182mm
見開き 257mm × 364mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B5サイズ(リング製本)_裏表紙作成用 257mm × 182mm
見開き 257mm × 364mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート A5サイズ(リング製本)_表紙作成用 210mm × 148mm
見開き 210mm × 296mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート A5サイズ(リング製本)_裏表紙作成用 210mm × 148mm
見開き 210mm × 296mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B6サイズ(リング製本)_表紙作成用 182mm × 128mm
見開き 182mm × 256mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B6サイズ(リング製本)_裏表紙作成用 182mm × 128mm
見開き 182mm × 256mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(長方形)_表紙作成用 128mm × 91mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(長方形)_裏表紙作成用 128mm × 91mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(Tシャツ型)_表紙作成用 106mm × 115mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(Tシャツ型)_裏表紙作成用 106mm × 115mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(丸型)_表紙作成用 107mm × 111mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(丸型)_裏表紙作成用 107mm × 111mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(ハウス型)_表紙作成用 130mm × 119mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(ハウス型)_裏表紙作成用 130mm × 119mm
zip_icon zipファイル



本文作成用テンプレートのダウンロード

下記表の「テンプレート」から、ご希望サイズ・製本方式のテンプレートをクリックしてダウンロードしてください。
ファイル内のWord・PowerPoint・Illustrator・Photoshopそれぞれの形式のテンプレートから必要なソフトのテンプレートをご利用ください。
本文の印刷はすべてグレースケール(白黒)となりますので、作成される際にご注意ください。
ファイル内にも、注意事項や保存方法を説明したPDFデータがありますので、作成時の確認用としてご利用くださいませ。



本文オリジナル印刷デザイン作成用テンプレート サイズ テンプレート
お客様デザインノート A4サイズ(中綴じ製本)_本文作成用 297mm × 210mm
見開き 297mm × 420mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B5サイズ(中綴じ製本)_本文作成用 257mm × 182mm
見開き 257mm × 364mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート A5サイズ(中綴じ製本)_本文作成用 210mm × 148mm
見開き 210mm × 296mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B6サイズ(中綴じ製本)_本文作成用 182mm × 128mm
見開き 182mm × 256mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート A4サイズ(リング製本)_本文作成用 297mm × 210mm
見開き 297mm × 420mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B5サイズ(リング製本)_本文作成用 257mm × 182mm
見開き 257mm × 364mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート A5サイズ(リング製本)_本文作成用 210mm × 148mm
見開き 210mm × 296mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインノート B6サイズ(リング製本)_本文作成用 182mm × 128mm
見開き 182mm × 256mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(長方形)_本文作成用 128mm × 91mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(Tシャツ型)_本文作成用 106mm × 115mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(丸型)_本文作成用 107mm × 111mm
zip_icon zipファイル
お客様デザインメモ帳(ハウス型)_本文作成用 130mm × 119mm
zip_icon zipファイル







入稿前セルフチェック


カラーモードはCMYKになっていますか?

塗り足し位置まで絵柄がありますか?(全面に画像や色が入る場合)

配置した画像の画質に問題はありませんか?

中綴じの場合、綴じ向きに合わせたデザイン位置になっていますか?

本文の場合、グレースケール(CMYKのKのみ)になっていますか?

PDF形式で入稿の場合、「template」レイヤーは削除しましたか?

PDF形式で入稿の場合、デザインしたレイヤーを1枚に統合してから保存しましたか?

PDF形式で入稿の場合、保存時に「PDF/X-4:2008」を選択しましたか?

PDF形式で入稿の場合、保存したPDFデータを開き、制作意図の通りになっていることを確認しましたか?







データの入稿方法

メールに添付、またはマイページからデータを入稿していただけます。



マイページから入稿(Web入稿)

インターネット経由でデータをアップロードする入稿方法で、1回のアップロードは100MBまで対応しています。


①Web入稿の準備
データが完成したら、データを入稿するために、データをZip形式に圧縮してください。


    Mac OS X/macOSでのデータ圧縮方法 Macでの圧縮方法
  • ・標準でzip形式に圧縮することができます。
  • ・準備したフォルダの上で「control」キーを押しながらクリックすると、メニューが表示されます。
  • ・メニューから「〜を圧縮」を選択すると圧縮ファイルが作成されます。
  • ・圧縮データが作成できたら準備完了です。
  • Macヘルプ
    WindowsXP/Vista/7/10でのデータ圧縮方法 Windowsでの圧縮方法
  • ・標準でzip形式に圧縮することができます。
  • ・準備したフォルダを右クリック→「送る」→「圧縮フォルダ」選択で圧縮ファイルが作成されます。
  • Windowsヘルプ

②入稿データのアップロード
マイページにログインし、データ入稿を行ってください。
Web入稿 ・マイページの「注文履歴/データ入稿」を開きます。
・該当商品の「操作」欄にある「Web入稿」をクリックします。
・フォームに必要事項も入力とファイルをアップロードして完了です。




メールで入稿

完成したデータをメールに添付してinfo@insatsumarche.jpへ送ってください。
データが大きいとエラーになってしまう場合がございますので、その場合はマイページよりご入稿くださいませ。




LINEで送る
Pocket

pagetop